FC2ブログ

2019.06.21 (Fri)

VAPOUR

またしてもIndiranagarのクラフトです。これで3軒目、でも多分こちらがラスト。
外観

zomato情報で調べる限りでは、Indiranagarに他にクラフト屋さんはない模様。


ビルの下の階も同じお店みたいですが、やっぱり屋上階のオープンエア‼
オープンエアの青空

いい気候のバンガロール、オープンエアのビアガーデン利用が最高(^^♪

夏も終わって、日によっては夜になると外ビールが多少肌寒いこともありますけど。
まぁ、週末は明るい昼間っからビール。これまた最高(^^♪



クラフトラインナップはビアカウンターの上にあるラベルをご参照。
店内


夜になると分かりやすいですが、光ってるのが本日提供しているクラフトです。
ビアカウンター(本日のクラフトライトアップ)

その日はBLONDE,IPA(Indian Pale Ale),WHEATの3種類。IPAがあればハッピー。



BLONDE(左) & IPA(右) 500ml Happy Hour Each Rs149 (230円)
BLONDE 500ml & IPA 500ml

でっかいジョッキ♪ 
BLONDEは全くブロンド色じゃない気がしますが…Pilsnerに近いのど越し系です。

IPAは間違いなし、苦味しっかりでもそこまで重めではなかったかな。

お会計のとき確認すると。。。異様にクラフト安くないか???
店員さんに聞くとHappy Hourのお値段とのことで、週末OKのHappy Hour嬉しい‼

夜訪問した際は1杯Rs250前後(390円くらい)だったので、Happy Hourすごいお得‼





Hunan Pork Bao Rs255 (400円弱)
Hunan Pork Bao

バオ(中華の蒸し万頭)に豚肉の辛み炒めを挟んだ一品。
上のサウザン色のソースは要らない気がするけれど。。。

バオはお腹にたまるので敬遠しがちですが、その日は腹減り旦那さまリクエスト。
Hunan Pork Bao

バオはちょっと蒸し立てのふっくら感が少なくて、既製品を使っている感じかな。


豚肉炒めはかなりオイリー。でも豚の脂と辛みのオイルがバオに合います~。
辛くて濃い味でこってり脂っこい、これはビールのつまみにばっちりじゃないかぁ。
Pork Baoアップ

お腹にたまるかもといいながら、つまみがてらにペロリでした。

ちなみにPork Baoで言えば"Byg Brewski Brewing Company"のが絶品。





WHEAT(左) & IPA(右) 500ml Happy Hour Each Rs149 (230円)
WHEAT 500ml & IPA 500ml

つまみ仕様のバオにビールも進んで、速攻おかわり(^^♪
今回はジョッキじゃなくグラスできたけど、一応サイズは同じ500mlらしい。

これで本日の3種類全制覇。IPAのリピートはいつもながら。
WHEATはIPAとBLONDEに比べてフルーティですが、比較的苦みが強めで好み。





Som Tum (Kung) Rs245 (380円)
Som Tum (Kung)

タイの青パパイヤのサラダ、ソムタム。"Kung"(海老)と"Kai"(鶏)から選べます。

でも実はしゃきしゃき青パパイヤよりglass noodle、春雨がお目当て。
Som Tum (Kung)

インドではあまりお見かけしない春雨、そして自分の好物。毎度たのんじゃいます。

お味はかな~り辛め。でもインドスパイス系ではなく、タイとか韓国の唐辛子系。
舌がヒリヒリしてくるくらいにがつんと辛めで、ビールが否応なく進んでしまう~。

そしてたっぷり入った海老ちゃん。こちらで海老の量に不満があったことないかも。
Som Tumの海老ちゃんアップ


立派なエビちゃんぷりっぷり。辛い味にも合っていて、タイに飛ばされます~。
Som Tumの海老ちゃんアップ






ちなみに以前たのんだお料理達。
Leek Spinach Cappucchino Rs155 (240円)
Leek Spinach Cappucchino

ほうれん草と葱のポタージュスープ。上にエスプーマがのっかっててお洒落仕様。
多量オイルのスパイス味が多いインド料理の中で癒される優しいスープ…。



VAPOUR Fries Chicken Rs245 (380円)
VAPOUR Fries Chicken

これは。。。店員さんのおススメで注文して失敗しました(汗)
店員さんにつまみはどうか、フライがおススメと言われたのですが、重すぎた…。

でも周りのインド人のグループを見ると結構たのんでいるので、人気なんだろうな。

インドあるある、ちょいちょいおススメをたのんで失敗してます。それもまた経験。





その日はクラフト4杯、バオとソムタムでなんとお会計Rs1,236 (1,900円)でした‼
VAPOUR

Happy Hour価格が大きかった、クラフトたのんで千ベロはありがたい~。
今後はHappy Hour狙い、明るい時間から青空の元で飲むに決まりですね(^^♪






オマケ: Indiranagarで行商チャレンジ‼
路上販売チャレンジ

こちらではあまり見かけない日本の"漫画"絵を売ってみようかと‼
オタクだった同人時代の杵柄(?)を発揮できるか!?…そんなに絵うまくないですが。

日本の文化を広めたいなんて崇高な意図は露ほどもなくって、
ただ自分の描いた絵で多少の飲み代を工面できるかの意図です(苦笑)
路上販売チャレンジ


とりあえず今回の飲み代はお絵かき代でまかなえました~。
路上販売チャレンジ

面白かったのでインスタデビューもして、細々と行商続けてみようと思います。
https://www.instagram.com/saori.yukizuku.india/

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
↑ お味は"Toit"か"ARENA"ですが、オープンエアとHappy Hourに釣られて再訪しそう。
スポンサーサイト

テーマ : ビール ジャンル : グルメ

17:55  |  Indiranagar  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2019.06.17 (Mon)

Stories

家近飲み、でもいつものモールではなくていい感じのPUB発見。
外観(看板)

自宅アパートのBrigade Gatewayからは徒歩で10分くらいの距離。
Metro(電車)の"Mahalakshmi Layout Station"すぐ隣の雑居ビル。



ビルの前にリアル蜂の巣を積んだ蜂蜜売りさんが気になった…蜂の巣ごと売ってるの?
はちみつ売り



いつもの雑居ビルあるある。どこから入るのか、どこがエレベータなのか迷う。
お店までの道のり



店内はほぼオープンエア、明るくて開放的な雰囲気です~。
オープンエアの店内

客層はインド人の若者が多いのかな。いつものORION MALLよりローカルな雰囲気。

アパートには日本人たくさんいますが、ここにはあまり来なさそうな感じ。
旦那さんもわたしも日本人交流がちょっと苦手な方なので、ここいいかも。。。



実は前々から存在は知っていたこちらのお店。

何故初訪問が遅くなったかは、
グルメサイト(zomato)のメニューを見る限りで生ビールがなさそうだったから…。

瓶ビール覚悟での初訪問でしたが、なんだあるじゃないか~(^^♪
KingFisher生ビール 330ml 確かRs180くらい(280円)
KingFisher生ビール

その日は軽く飲む心づもりだったので、定番のタワーはたのまずジョッキビールで。
それでもそれなりに飲むから、ジョッキも500mlがあったらよかったんですどね。






BBQ FISH Rs220 (340円)
BBQ FISH

"BBQ & CHARCOAL GRILL"って書いてあったから、もしかしての炭火串焼き!?

お味はAMERIAN BARBEQUE/JAMAICAN JERK/SUPER SPICY CHIPOTLE/SRIRACHA
と4種あったけど何も言わないで出来たのがこちら。どの味付だったのかしら?

これがまたまためちゃくちゃ美味しかったんです~~~♪
BBQ FISH


ひとつの塊が大きな白身魚、身はふっくらしっとりと柔らか。外の焦げ目もいい。
BBQ FISHアップ

スパイスマリネされて外側は辛めだけど、中の魚の身が優しくていいバランス。

何より文字通りのシンプルなBBQで油っぽくないのがいい。
オイル多量料理がおおいインドで、シンプルなグリル。
BBQ FISHアップ

こってりソースもなし。お魚そのものを楽しめる。
そういえば日本料理こそ素材を楽しむ料理法だなぁ。。。

その日チキンは頂きませんでしたが、文字通り炭火焼き鳥になるってことよね。





屋根がある席もありますが、1/3くらいは完全なオープンエア。
オープンエアの店内

近頃雨季に入ってきて、夕方急なスコール(雷雨)もありますがどうしてるんだろ。




もう1品はエビちゃん料理。

はじめに"BUTTER GARLIC PRAWNS"をたのんだのですが品切れとのことで、
他の海老料理をおススメされてよく分からんけどオッケーしてみてできたお料理。
Prawn (China?)

多分中華料理系、"CHINA TOWN PRAWN"がメニューにあったからそれかなぁ。



そしてこれまたこれまたとっても美味しい、とっても立派な海老ちゃんでした‼
海老ちゃんアップ

とにかく海老1尾のサイズが大きい‼ 身厚でぷりっぷりとしていて美味しいです~。

ちょっと海老チリに近い感じなのかな、とろみのある中華ソースに絡んだ海老ちゃん。
中華のかなりこってり濃いめの味付けですが、海老の存在感が全く味に負けてない。

相変わらずインドの海老レベルはすごい。





お店からはすぐ隣のMetro Stationに出入りする電車を眺めることが出来ます。
Metroが見えます

こちらではUber(タクシー)が安くて使い勝手いいですが、たまの電車移動も楽しい。
Metroは上を走ってるので、電車からバンガロールの街並みを眺めるのが好きです。



まるでビアガーデン、バンガロールのいい気候にビールが進みます~。
オープンエアの店内

軽くと言いながら、ビール7杯飲んじゃって(^^♪

こちらのお店は"zomato gold"提携店なので1+1 FoodでBBQフィッシュがただ!!
バーカウンター

お会計はRs1,455 (2,260円)、千ベロ居酒屋価格。


家近ローカルPUB開拓成功、ビアガーデン使いにまたお伺いしまーす。
王様椅子?


王様椅子?



オマケ: バンガロール宅配事情
いつも"zomato gold"の素晴らしさを日々日々語っている当ブログですが、
実はそれ以上に"zomato"の宅配(デリバリー)にお世話になっている日常。

日本と違ってデリバリー食が非常にお手頃お手軽で、
なんとRs50(80円弱)でも遥々お店から家までデリバリーしてくれちゃうんです。

こちらの「Stories」も"zomato"デリバリーをしていて、そちらではもはや常連。

Chatpata Tandoori Tikka Chicken (zomato) Rs219 (340円)
Chatpata Tandoori Chicken (zomato)

BBQフィッシュがあれだけ美味しかったんだから、焼き物に間違いなし。
しかも胸肉が主流のインドで多分ほとんどがもも肉。柔らかジューシーで美味しい!!

でもタンドリーとつくからには炭火焼きではなくてタンドリー釜焼きかしら。




Reshmi Silky Kebab Fish (zomato) Rs229 (355円)
Reshmi Silky Kebab Fish (zomato)

あまりスパイスっぽくなくて辛くもない、優しいお味のお魚BBQ。
お魚自体はお店で食べたものと同じ、つまりはお魚自体が美味しい。

味付けはマヨネーズみたいのがかかっててクリーミーな感じ??それでもインド味。



Veg Thai Basil Fried Rice (zomato) Rs169 (260円)
Veg Thai Basil Fried Rice (zomato)

シンプル・イズ・ベスト、ベジの炒飯。
タイバジルはどこにいるのか分からなかったですが。。。

ねばり気の少ないインド米の質がよくマッチしていて、見事なパラパラ炒飯です。
しかも油っぽくないあっさり味の炒飯と言うのがまたいい。


Jamaikan Jerk Prawns (zomato) Rs259 (400円)
Jamaikan Jerk Prawns (zomato)

レベルの高いインドの海老ちゃんでBBQ、これまた間違いありませんでした~。
"Jamaikan Jerk"は、なんとなくメキシコ料理っぽい感じのお味でした。


ちょいちょい"zomato"のデリバリーで50%OFF!!なんてことやっていますが、
落とし穴があって割引き額の上限がRs100(155円)。。。

つまりはどーんと半額を謳っていますが、Rs200(310円)以下のオーダーが前提。

逆に言えばそれくらいのお値段でも普通に宅配、デリバリーチャージもほぼなし。

"zomato"の他に"swiggy"と言うアプリも食のデリバリーサービスで対等していて
街中で至る所でzomato & swiggyバレット(宅配員)の方々をお見かけします。

日本よりもずっと充実のデリバリーサービス。




オマケ2: いつものにゃんこgive away♪
いつものマックス、相変わらずの美人さん。もしくは美少年か?
いつものマックス


いつものくろちゃん。
いつもの黒ちゃん

でも近頃Brigadeにゃんこ界で闘争があったらしく、黒にゃんの生息域が変わった模様。


にゃんこはお子ちゃま苦手みたい。
にゃんこは子供が苦手

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
↑ 明日からバンコクへ飛んで参りまーす♪刺身と日本酒とラーメン食べ呑みまくる‼

テーマ : ビール ジャンル : グルメ

21:30  |  Malleshwaram  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2019.06.11 (Tue)

ARENA - Artisanal Brewkitchen

他にもやってもらってました、バースデーお祝い。前夜祭編(^^♪
外観

以前にも訪問しようとしたお店でしたが、満席で入ることかなわなかった人気店。

外観

15時過ぎの中途半端な時間帯に訪れて無事初訪問となりました。



もともとmicrobreweryだったはずでしたがクラフトの提供はつい5月に始めたばかり。
2019年5月クラフト提供スタート

聞くとそれまでは瓶ビールのみだったって、前回入れなかったのはある種の啓示だった?
入ってもクラフトないんだよ~って、だから入れないんだよ~って(笑)


外から見たピラミッド型もインパクトありますが、中もすごい感じ。こちら天井です。
店内(天井)





これがなければ始まらない、いつもながらのクラフト乾杯♪
Czech Pilsner Pint Rs260 (405円) & American IPA Pint Rs290 (450円)
American IPA & Czech Pilsner

色で比べてもどっちかどっちだかよく分かりません…。
飲み比べると、オッと確かにIPA。でもピルスナーも苦味が強めでIPA寄りだったような。

でもどちらも美味しくって、5月に提供を始めたばかりと思えない確立されたお味。

バンガロールのクラフト市場、レベル高すぎます。。。


クラフトラインナップは全6種類、その日は4種のみ提供。もちろん制覇。
クラフトラインナップ

お料理は全体的にお高めな印象でしたが、クラフトのお値段は良心的でありがたい。
呑兵衛夫婦ですから、お酒代が安いかどうかがお会計を左右するのよ。





写真を撮ってもらったら、後ろに"CHEERS"の文字。
CHEERS

店員さんが"CHEERS"が入るように頑張りましたって、ナイス・サービス精神(^^♪





こちらのお店では中華系(飲茶)・日本系(寿司・巻物)
東南アジア系(タイ・ベトナムなど)のお料理が充実しているので、
どうしてもインド料理よりそっちよりのチョイスになっちゃう日本人。。。
DimSumの蒸籠



Japanese Pan-fried Pork Gyoza Rs450 (700円)
Japanese Pan-fried Pork Gyoza

蒸籠で出てきたので蒸しか??と思ったら、ちゃんと日本仕様の焼き餃子だった~。

ころんとミニサイズの餃子、でもぷっくら太ってて、焼き目もいい色で美味しそう。
Japanese Pan-fried Pork Gyoza



皮は少し厚め、外側カリッと続いてもちっと。中身は見事日本再現の餃子!!!
Japanese Pan-fried Pork Gyoza

厚めな皮もこっちの"momo"的な感じではなく、日本でありそうな皮もっちりタイプ。

豚ひき肉はジューシー、肉汁がじゅわぁっとあふれて旨みもたっぷり。
いい塩梅のキャベツやネギの野菜配合で、豚の脂がしつこく感じず美味しい。
Gyozaアップ

これぞ肉汁感じる美味しい餃子‼ 
日本レベル、と言うか下手な安い居酒屋とかよりもずっとずっと美味しい‼

肉汁を流し込むのはもちろんビール、しかもクラフト。贅沢びーぎょ‼(ビール&餃子)






Salmon Uramaki Roll Rs575 (900円)
Salmon Uramaki Roll

日本人としてはお寿司とロールが悩ましいけど、コスパ的にはロールのが良さそう。

もはやスイーツのごとく美しく並んだロール、断面も均等に美しい。
Salmon Uramaki Roll

日本だと巻物の巻き終わりの中途半端なところとかよく見ますけど、
こっちではどこまでも美しい断面…でも端っこ捨てられてるってことかしら(汗)


旦那様曰くはサーモンのパワーがちょっと弱めだったみたいですが、美味しいです。
Salmon Uramaki Roll

ただでさえ生の魚に飢えているので、なるだけ刺身要素を強く感じようと必死(笑)

日本で言えばこのお値段はないな~って思いますが、インドでこれはありなんです。





Praha Dark Lager Pint Rs260 & Hefeweizen Pint Rs260 (405円)
Praha Dark Lager & Hefeweizen

今回あるラインナップの4種全制覇。
黒ビールは"Lager"と名前がつくのが不思議なくらい濃厚、コーヒーの風味。

ヴァイツェンは華やかなくらいに感じるバナナの風味。でも実はバナナが苦手…。
ヴァイツェンの風味を例えるなら間違いなくバナナだけど、ビールになれば好き(笑)






Hong Kong-style Chilli Pork Rs400 (625円)
Hong Kong-style Chilli Pork

三枚肉の焼き豚‼ チャーシューです‼
焼き豚に山椒の粒や唐辛子が絡んでて、香港スタイルだけど四川風っぽいような?

三枚肉はカリッと香ばしく焦げ目つきで焼かれてて、脂もいい塩梅に落ちています。
豚肉アップ

小さなお椀に入ってるように見えましたが、たっぷり量の豚肉入ってて大満足~。






最後にもう一品DimSum。
DimSumの蒸籠


Shiitake & Chives (Dim Sum) Rs375 (585円)
Shiitake & Chives (Dim Sum)

締めくくりはベジで、椎茸と葱の蒸し餃子。
形も、透明に近い薄皮も、透けて見える餡も全て繊細な美しい飲茶。

こちらでは高級食材の椎茸、優しいお味で椎茸の風味を堪能できます。

トリュフオイルみたいな香りもするような、旦那さまと椎茸リゾットみたい‼の感想。


そういえばたまに家で鍋物をするのですが、鍋の椎茸とえのきが恋しいです…。
しゃぶしゃぶとか水炊きとかやってみましたが、マッシュルームはやっぱり合わない。



IPAリピートでクラフト計5杯で、お会計Rs3,534 (5,520円)
少しお料理代が高くつきましたけど、美味しいクラフトとあわせて大満足。
バーカウンター



しかもつい最近こちらのお店が"zomato gold"の加盟店になったことが判明‼
1+1 Foodなので、今回だったら餃子700円がただになる換算。近々再訪せねば。
クラフトタップ


クラフトタップ


インド大人気のクリケット、World Cup開催中。クラフト片手に観戦できます。
クリケット放映中







お散歩がてら近くにお洒落なスイーツ店を見つけて。。。「SMOOR」
「SMOOR」外観


日本のデパ地下のようなケーキのショーウィンドウ。ただし甘さは大概が5割増し。
ケーキショーウィンドウ


チョコレートショーウィンドウ




Amricano Rs150 (235円)
Amricano

こちらでは所謂フィルターのコーヒーを出しているところは少なくて、
"ブラックコーヒー"と言うとエスプレッソにお湯を加えたアメリカーノになります。

かなり強めのアメリカーノ、もしかしてエスプレッソダブルで作ってるかも。




サンデーが気になって、お店の方におススメを聞いたら迷いなく"これ‼"と言われて。

Raspberry and Lychee Sundae Rs250 (390円)
Raspberry and Lychee Sundae

インドの店員さんは自分の好みがはっきりしてて、どこでも自分おススメ押しがすごい。
そのおススメに従って失敗することもまぁまぁあるんですけど。。。(苦笑)

ライチアイスにラズベリー味のクリームとスポンジがのった華やかなサンデー。
Raspberry and Lychee Sundae

よくあるインドスイーツより甘さが強すぎず、上品で美味しかった~。

でもサンデーのアイス3スクープ全部ライチアイスだったから、
アイス単品でたのんで3種類のアイスのが色々楽しめて良かったかも。
    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
↑ Indiranagarのクラフトはほぼ"Toit"一択でしたが、選択肢が増えて嬉しい。

テーマ : ビール ジャンル : グルメ

00:15  |  Indiranagar  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2019.06.07 (Fri)

Jamavar - The Leela Palace

先週はマイバースデーでした‼ 正式に(?)アラフォー突入(^^♪
歳を喜ぶ年齢でないですが、お祝いしてもらえるのはいくつでもありがた嬉しい。

旦那さまが連れていってくださった、
インドの超高級ホテル"The Leela Palace"の超高級インド料理屋さん。
お店入口

こんな機会でもなければ一生行くことなかったかも…嬉しい旦那さまアレンジ。


レストランの前に、まずホテルに入っただけで圧倒されるマハラジャ感。
Leela Palace


Leela Palace


マハラジャでも知られるインドのお金持ちは日本の非じゃないんだろうなぁ、を実感。
Leela Palace


Leela Palace




ホテルを散策してからいざ、お食事へ‼ テーブルセッティングも素敵。
テーブルセッティング


いい気候なので屋外の席へ。前に広がる庭園はもはやジャングル。
Leela Palace庭園

途中スコール的な雷雨が降りましたが、むしろマイナスイオンで気持ちよかった~。




いつもながらビールはすでに別で乾杯してまいりました(^^♪
こちらではお祝いらしくスパークリングで乾杯スタート。
スパークリングとお通し(?)えびせん

よく飲むスパークリングより重めで、ちょっとシャンパンを感じるようないい泡。

ワインは旦那様にお任せでお値段も分かりませんが…かなりしたかと(しかもボトル)
普段は絶対にたのまないけど、自分のお祝いにしてくれる贅沢、とても嬉しい。





お通し(?)はエビせん系のおせんべい3種類。これがいきなりとっても美味しい‼
お通し(?)えびせん

ひとつはパパドのえびせん版みたいな感じで、クミンのアクセントがいい。
ぱりぱりっと香ばしくて、熱い訳でないけど作り置き感もなく、絶対いい油使ってる。

幸先のいいお通し(?)に、これからのお料理への期待が高まります~♪




ちなみにこちら水、だけど珍しい"氷入り"水なんです。
珍しい氷入りのお水

こちらでは氷自体ほぼ見ない、それに見たとしても普通のお店じゃちょっと怖い。
ここなら安心して氷入りのチェイサーを頂けちゃう。






ラムの足丸ごとのタンドリー焼き、Raan-E-Jamavar Rs1,900 (3,000円弱)
Raan-E-Jamavar

すごい煮込まれたのか焼かれたのか…もはやお肉の形が崩れて繊維になってます。


ほろりと柔らかな繊維のラムの身、とっても美味しいです~~~~!!!
Raan-E-Jamavar

かなりしっかりめにスパイスで味付けしてありますが、ラム肉の良さを消さず引き立て。

スパイスもまた絶妙、辛過ぎずむしろまろやかさを感じるような辛くも優しいお味。
インドあるあるスパイスで辛い料理が多いですが、辛味もとても上品で口に負担がない。

ラムの風味もちゃんと感じる、それは臭みとは無縁のラムの美味しさを味わえるもの。

大きな骨のラムレッグ丸々、ボリュームもありましたが美味しくてペロリしちゃった。
ラムレッグの骨





ラム肉に合わせて赤ワインボトル投入~、スパークリングと2重で楽しむ贅沢。
赤ワイン投入

赤ワインはお店のお勧めでオーストラリア、輸入品が高いこちら…非常に贅沢です。
旦那様のバースデー贅沢に感謝して、久しぶりに本当に‼美味しい赤ワイン堪能。






Alleppey Fish Curry Rs1,400 (2,200円)
Alleppey Fish Curry

日本のインドカレーではあまり見ませんが、こちらではメジャーなお魚のカレー。
King Fishというお魚、後で調べてみたら"ヒラマサ"らしい(真偽は謎ですが)



そういえばお料理は基本全て店員さんがお皿にサーブしてくれちゃいます。
店員さんサーブ

なので、毎度サーブ前の写真撮らせて‼とストップかけてました。



ふっくらと身厚な白身のお魚、淡泊めながらカレーとのいいコンビネーション。
Alleppey Fish Curry

カレーはココナッツミルク勝ちのまろやか系、あまり辛味もなくてむしろ甘みのが強い。
定番インドカレーのオイルたっぷりもなく、どちらかと言えばタイカレーに近いかも?

スパイスもまろやかに感じるくらい上品で優しいカレー。ローカル店じゃ見られない。



南インドは基本カレーに合わせるのはお米、ナンは別途注文式。
インドライス

こんな高級店のナンやロティも試してみたかったけど、お米だけでお腹いっぱい。

お米もよくあるインド米より、水分を多く含んでしっとりとしていて美味しかったです。
普段食べるインド米はもっとぱらっとしている感じ、好みもあるかもしれませんが。
Alleppey Fish Curry




付け合わせのお野菜、この組み合わせはどこでもよく見る定番。
付け合わせのお野菜

上にのっかってるのはレモン。飛ばないように布でくるんでるのはさすが高級店。






Jheenga Sultani Rs1,800 (2,800円)
Jheenga Sultani

大分お腹膨れてきたけど、せっかくのワインが残ってるから奮発しちゃって海老ちゃん‼

ものすごい身厚で大きな海老ちゃん、見た目だけでぷりっぷり感を感じられるよう。
Jheenga Sultani

タンドリー窯で焼かれた身はエビの旨み凝縮、むっちりぷりっと詰まって美味しい~。

こちらの海老ちゃんレベルは基本日本より高いですが(お味もお値段も)、
その中でもトップランク‼
Jheenga Sultani

ヨーグルトやスパイスでマリネされてるけど、その味付けが脇役になるくらい海老味‼
質で言えば伊勢海老や、オマールエビに負けてないくらい美味しいエビちゃん。


インドで海老たくさん堪能しておかねばなぁ。。。
Jheenga Sultani






デザートにドライフルーツのアイスクリーム。
アイスクリーム

バニラベースですが、ドライフルーツのアクセントが赤ワインにもよく合います。






そして、そしてお腹いっぱい、満足~~~なところに.……バースデーケーキ登場‼
バースデーケーキ‼

デザートたのんじゃったけど!?
旦那様も出てくるかよく分からなかったらしい。。。と言うのがお店側のサービス‼

去年の旦那様バースデーを祝ったときも、サービスでホールケーキ頂いたなぁ。


見た目も美しいケーキ。 そしてお味も甘すぎなくてとても上品。
バースデーケーキ‼

チョコスポンジとチョコムースが綺麗な層になって、しっとり大人の甘みが絶品。



でもオチがあって、ケーキ持ち帰りをお願いしたものの。。。待ってども来ない。
聞いてみたら、手違いで捨てちゃったと!!!!??? こんな美しいケーキを!!!???

でも思えば、多分捨てたんじゃなくて残りを従業員さんで食べちゃったんだろうな。

以前に他でも食事の持ち帰りをお願いしたものの、
残った量に対して持ち帰りが少な過ぎっ!!??事件があって。

その際は自分達が払ったものだし文句を言って、結局量が増えたのだけど。

でも今回のケーキはお店のお心遣い。

そしてわたし達はハッピーな気持ちをもらって、
それで従業員さんも美味しくケーキを食べたのだとしたらそれがベストだなって。

むしろそれでよかったんだな、と思いました(^^♪


本当に素敵なバースデーディナー、素敵なお店で美味しいお料理と美味しいお酒。
店内


何より旦那さまに感謝の気持ち。
素敵なバースデーでした

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
↑ 次のお祝いは七夕結婚記念日‼ 次回はどちらもお祝いする・される側。

そういえば同じ系統のインド料理ながら比較的お手頃価格で通っていた
UB Cityの「BBQ'D - Global Grill & Brewery」…つぶれちゃってた、ショック(泣)

テーマ : グルメ♪食の記録 ジャンル : 旅行

00:20  |  Indiranagar  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2019.06.04 (Tue)

2019年3月Goa旅行記⑥

ついにGoa撤収。。。贅沢ですが、3泊4日が短すぎたくらい。
Casa Anjuna Boutique Resort



お世話になったお宿"Casa Anjuna Boutique Resort"を名残惜しくも散策。
Casa Anjuta Boutique Resort


Casa Anjuta Boutique Resort



こじんまりとしてて、雰囲気もあって、落ち着いていて、とても素敵なホテルでした。
Casa Anjuta Boutique Resort

この"Casa"系列は北ゴアに5軒あるそうで、次回のゴア訪問も系列でいいかも。
すでに次回のGoa旅行を画策しているくらい、大満喫、楽しかったゴア。

お酒が飲めないところも多いインド。酒飲みとしてはインド旅ゴア一択でいいやも!??




ホテルをチェックアウトして、夕刻まで残り少ないゴアタイムを楽しまねば。

リピートしちゃった日本食料理屋さん「Sakana」
Sakana



一度目は夜遅くの暗い時間でしたが、昼間の明るい時間に見る赤橋。
Sakana店内


橋を渡ってお店入り口。こんな「魚」文字とイミテーション桜(?)が飾られてたとは。
Sakana店内


赤提灯はやっぱり夜の方が趣きありますね~。
Sakana店内




Kingfisher小瓶 Rs110 (170円)
KingFisher小瓶

なんにせよ朝ならぬ昼一番のビール(^^♪
バンガロールの小売り値段がほぼゴアのお店価格、お酒天国ゴア万歳。



日本食✕クラフトビールができるのもここだけかも。
クラフトメニュー


ゴアクラフトの瓶ビール&生ビールペア。
左:EIGHT FINGER EDDIE Rs190 (300円)
右:SUSEGADO Mango Wheat Rs200 (315円)
EIGHT FINGER EDDIE & SUSEGADO Mango Wheat




EIGHT FINGER EDDIE
EIGHT FINGER EDDIE

こちら嬉しいIPA、ゴアのIPAも美味しかった。タコ8本足とおじさまの絵がちと怖いけど。




SUSEGADO Mango Wheat
SUSEGADO Mango Wheat

恐らくはゴアで唯一の生ビールクラフト、美味しくお世話になりました"SUSEGADO"
その中でも一番美味しかったマンゴービール、甘くないでも苦味の後味がフルーティ。






Red snapper sashimi Rs460 (725円)
Red Snapper Sashimi

これはもう行く前からリピート決めていたと言うか、再訪の一番のお目当てと言うか。


"Red Snapper"厳密に言うと違うみたいだけど"鯛"
繊細な鯛の白身を上品な柚子ポン酢で頂く、インドではありえないくらいの贅沢。
Red Snapper Sashimi


やっぱり生魚…美味しいです~(歓喜)ねっとりとした生の魚の身に至福の日本人。
Red Snapper Sashimiアップ

自家製らしきポン酢も甘すぎず濃すぎず、美しくも美味しい白身を引き立てます。

バンガロールではサーモンやマグロのお刺身もお値段高いながら見かけますけど、
むしろ"Red snapper"一本で勝負しているあたり鮮度とかこだわりを感じます。






Gyoza Beef Rs380 (600円)
20190525183136499.jpeg

この形‼この薄皮‼この焼き目‼まさに日本のラーメン屋さんとかで見る餃子です~。
こちらで食べる"momo"も"餃子"に変わりはないですが、日本のとはやっぱり違う。


日本では豚が多いですが牛肉餃子。多分豚より牛肉の方が手に入りやすいインド。
Gyoza Beef

餡は肉と野菜の分量バランスよくて美味しい、お値段抜かせば正に日本の餃子。

そうか、これぞ久しぶりの、東京ではルーティンだった"びーぎょ"!!!(ビール&餃子)






Salmon cream cheese roll Rs380(600円) + Extra Sea Weed(Nori) + Rs15
Salmon cream cheeese roll

巻物、スモークサーモンももちろん魅力ですが、日本ではあまり顧みないお米も魅力。
ふっくらもっちりとした日本(系)のお米、やっぱり美味しいです。

アボガド・クリチ・スモークサーモンは間違いなしの女子好み組み合わせ(^^♪
Salmon cream cheeese roll

ちょっとスモークサーモンのポーションが少な目だったけれど、
もはやお米の海苔巻きだけでも嬉しくなっちゃう日本人のインドライフ。






Salmon Lover roll Rs400 (630円)
Salmon Lover roll


これまたリピートの一品。スモークサーモンがロールの外と中の二重構造で豪華。
Salmon Lover roll


塩気も強すぎず、スモーク感も強すぎず、日本のお高いスモークサーモンに劣らない。
Salmon Lover roll

欲を言えばスモークより生が嬉しいけど十二分にサーモン堪能、美味しいです~。
サーモンとお米を噛みしめて、Goaのいい思い出「Sakana」ご馳走様でした‼





Green Tea Glass Rs70 (110円)
Green tea glass

食後に緑茶を頂いて日本っぽいじゃないですか(^^♪
ビールが一番だけど、さっぱり緑茶も美味しかった~。


大満足のお会計Rs3,000 (4,720円)、そう言えば初訪問はRs3,333ぞろ目だったなぁ。
Sakana店内



ちなみにお店の横に洋服屋さん(Boutique)が併設されていて、
恐らくは日本人デザインのお洒落インド服が置いてあります...ちょっとお高いけど。
Sakana併設のブティック






残された時間はあと少し。。。タクシーの時間までGoaの復習ぶらり。

牛さんはバンガロールよりたくさんいて、そこらじゅうで群れになっていたなぁ。
Anjunaの子うし

子牛ちゃんをなでなでしても怒らない母牛さん、みんな温和で癒されました。



大きな木の下で。。。根元に木の精?(^^♪
大きな木の下で





最後はやっぱりAnjna Beachへ。
Anjunaビーチへ


潮がかなり満ちていたので、海の家のやぐらの下を通り抜け。
潮が満ちてきたAnjuna Beach


ちょっとした冒険っぽくて楽しい。このやぐらの建付けの信頼性は謎ですが(汗)
海の家のやぐらの下




この愛すべきチルアウトヒッピー文化。
Anjuna Beach海の家



最後の最後まで呑んだくれようと海の家へ。漏れなく写りこむインド人(笑)
Anjuna Beach海の家

そういえば、自分1人でビーチを歩いたときは20人近くのインド人と撮影会発生。
自撮り大好き文化のインド、珍しい(??)日本人と一緒にセルフィしたいみたい。





Sula 白ワインボトル Rs1,250 (2,000円弱)
Sula白ワインボトル

ビール呑んで呑んで呑んだくれたし、海を眺めながらキンと冷えた白ワインで〆



最後の贅沢にとお魚丸々一尾をオーダーしたのですが。。。
Red Snapper グリル(??) Rs800 (1,300円)
Red Snapper グリル(?)

味とか以前に1時間近くも出てこなくて、お料理が来た頃にはタクシー出発15分前‼

ふっくら美味しい洋風のお魚…でも味わう時間もなく駆け込み食いになっちゃって…。
Red Snapper グリル(?)

たっぷりお野菜もついてきましたが、せめてお魚を‼‼とワインと一緒に流し込み。
うぅ。。。もったいない、美味しいGoaのお魚をゆっくり優雅に(?)味わいたかった。


最後まで呑んで食ってと食い意地が裏目に出たか…でも、それでも満足。
Anjuna Beach海の家

お会計Rs2,080 (3,280円)、急いでお支払いしてホテルのタクシーへダッシュ‼





Thank you and see you to Goa, We are sure to come back again!!
さらばGoa

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
↑ これにてやっとこさGoa旅行記完結です~次の旅行記はインド離れてバンコク♪ 

テーマ : ビール ジャンル : グルメ

04:20  |  2019年Goa旅行  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT