FC2ブログ

2020.02.19 (Wed)

番外編:1人飲みの風景

旦那さま不在により、1人飲みの毎日が続いています。。。
結婚前から1人居酒屋常連だったので、場所がインドと言うだけで抵抗ないですが。

旦那さまとの飲みが一番としても(早くお酒カムバックもしてほしい…)
1人でぼーっと景色を眺めながら飲むのもそれはそれで楽しいものなのです。


メインの1人飲み舞台はやっぱり"食堂" 「THE BEER CAFE
家から徒歩1分の手軽さ、気楽さが一番。店員さんも皆さん顔見知り。
THE BEER CAFE

それに店名通りの"カフェ"使い。

東京ではドトールとかでよくカフェタイムしていましたけど、
コーヒーがビールに変わってのビアカフェタイム。

Kingfisher Draught 16oz Rs175 (270円)
Kingfisher Draught 16oz

やっぱりこれが一番!! Kingfisherの大ジョッキ。お値段もお手頃です。
シンハーに似てるような、さっぱり系南国仕様ビール。外ビールにぴったし(^^♪

大体いつも大ジョッキ2杯飲んで、2時間弱長居して、お会計はRs385 (600円)
お値段もちょうどカフェタイム価格。




ビアカフェからの風景。自宅アパートを望み。。。
ビアカフェから見る自宅アパート


目の前の広場では週末に催事をやってることもあるので、眺め。。。
週末の催事




自分と同じく、ビールだけで1人まったりしているお客さん結構多いです。
THE BEER CAFE

外国人率(インド人でなく)も高くて、ここはインドか?と思うことあるくらい。


ちなみに生ビールを切らしているのも、ビール屋さんですらあるあるのインド。

こちらではKingfisherを切らしてることが結構あって(国産ビールなのに)
その場合はバド。Budweiser Draught 16oz Rs255 (400円)
Budweiser Draught 16oz

バドも好きなんですが、やっぱりコスパの差が大きいです。。。
Kingfisherも好きなので、1杯100円以上の差があれば断然Kingfisher。

バド2杯飲んだときのお会計Rs561 (860円) Kingfisher2杯との差額は250円以上。



基本ビールだけですが、たまにポテトフライくらいたのんだりもします。
French Fries Rs175 (260円)
Budweiser Draught & French Fries

でも、こちらのお店はビールだけ飲むビアカフェ使いがおススメ。

結構お料理お高い、そして正直そこまで美味しいとは言えない。。。
お値段は観光地(?)ORION MALL & World Trade Centerの立地で仕方ないかもですが。

しかも以前はzomato goldで1+1 Food(お料理1品たのんで1品無料)とか
DineOutPayで払えたりしましたが、もう何も割引なくなっちゃったんですよね…。


それでもビールオンリーのカフェ使いで新たに自分的需要発見。
Draught Beer @ THE BEER CAFE

「食堂」から「カフェ」に呼び名かえようかなぁ。





続いての1人飲みの定番、会社目の前の「The Biere Club
やっぱりアクセスの利便性が大きいです。家近と会社近が使いやすい。
The Biere Club

こちらもテラスで昼飲みが一番気持ちよさそうなんですが、
仕事終わりが21時なので(泣)もっぱら深夜の訪問になっちゃってます。


Bangalore Beer Lifeの主役、クラフトビールが飲めるのが何より嬉しい(^^♪
Ale 500ml Rs275 (420円)
Ale 500ml

先のKingfisherの生もすっきりぐびっと美味しいけど、やっぱりクラフトすごい。
同じ500mlジョッキでもずっしり濃厚で、飲みごたえが全然違います。

味わって飲む贅沢ビール。ペースもKFやバドと全然違って、ゆっくり味わう。

そういう意味でコスパ最強はクラフト。日本だと確実に1杯千円クオリティです。



ビアクラからの風景。
ビアクラからの風景

お店の前がロータリーになっていて、リキシャの往来が激しいのがインドらしい。



1人だとここでは一品、つまみ兼夕食がてらにお料理たのんでいます。
結構1品ずつにボリュームがあるので十分。

冬の地中海グリル特別メニュー(Mediterranean Winter Grill's)やってました。
Chicken Leg Pieces, Marinated with Rosemary, Cumin, Garlic and Lemon Rs350 (540円)
Chicken Leg Pieces, Marinated with Rosemary, Cumin, Garlic and Lemon

ずばり、巨大サイズの焼き鳥! 串にささって、日本の焼き鳥フォーマット。

一つの鶏肉の塊ポーションはかなり大きめ。
嬉しい柔らかもも肉、日本で例えたら塊の大きさが唐揚げ並みのサイズです。

炭火焼き鳥ならぬ…タンドリー焼き鳥? タンドリー窯使ってるかは分かりませんが。
Chicken Leg Pieces, Marinated with Rosemary, Cumin, Garlic and Lemon

でも所謂タンドリーチキンじゃなくて、珍しい洋風系の味付けが嬉しい。
スパイス勝ちのインド仕様でなく、控えめにクミンが香るくらいの美味しい塩梅。

ボリューミー焼き鳥、一品で美味しくお腹も満足。




Stout 500ml Rs330 (510円)
Stout 500ml

エール系からの黒ビールで〆が自分的定番の流れ。

インドの方はどちらかと言えば白ビールを好む方が多いみたい(?)なので
黒系品切れしてるか、ないことも多いんですよね。。。黒で〆られたら最高。


クラフト500ml 2杯飲んで、巨大焼き鳥食べてお会計はRs955 (1,500円)
The Biere Club

これだけの満足度で千ベロレベルのお値段はかなりリーズナブル(^^♪
更にはDineOutPayで払えるので、Rs100くらいキャッシュバックあったと思います。





もう1軒、会社近くのクラフト「ALCHEMY」徒歩で5分ちょいなので通える圏内。
ALCHEMY

"The Chancery Pavilion"と言うホテルの最上階にあるルーフトップクラフト。

個人的にここのクラフトの季節限定メニューが面白くて、美味しくて、大好き。
珍しいものを数か月単位で定期的に出してくれるので、通わねば!ってなります。


嬉しい季節ものサンプラーサービス。
サンプラーサービス

本当はサンプラーRs50みたいですが、今までも結構サービスしてもらってます。

写真撮り忘れましたが、1杯目クラフトHello Winter Saison 500ml Rs325 (500円)



Prawn Ghee Roast Rs525 (810円)
Prawn Ghee Roast

ここでも一品だけつまみに。ちょっと奮発して一番お高い料理。

立派な巨大サイズの海老ちゃんのギーロースト。
日本でも話題らしいギーをインドらしくたっぷり使った、海老ちゃんグリル。

ギーに加えて周りにまとったスパイスもガツンと強めで、インド色強いお料理。

でもスパイスにもギーにも負けてない、立派な海老ちゃんぷりぷり堪能。
Prawn Ghee Roast

お値段高めですが、それだけの価値ある贅沢海老料理。満足感はお値段以上。




そしてこちらが季節もののサンプラーで気に入った1杯!!
Guava Chilli Gose 500ml Rs400 (620円)
Hello Winter Saison

まさかのピンググァバを使ったクラフト。でも全然フルーティじゃないんです。
むしろ苦みが強くて、どこでグァバ使ってるの…と思いきや後味がほのかにグァバ!?

それも全く甘味なんてないのに、なぜか感じとれるグァバの風味。
今まで飲んだことのない不思議なクラフト。そして絶品。

いつも季節もの終わっちゃうの寂しいと言ってますが、きっと次のもまた美味しい。




2杯で終わるつもりが、店員さんと話が弾んで最後もう1杯いってしまった。
Kaapi Milk Stout 300ml Rs300 (460円)
Kaapi Milk Stout

一応小さ目サイズにしておきました。食後のコーヒー的な黒で〆。
重め、濃厚系と言う感じではなくて鋭い苦みのキリっと系のスタウト。

コーヒーで例えてみれば、濃いめのアメリカーノと言うイメージがぴったりかも。


クラフト500ml2杯、300ml1杯と海老ちゃんでお会計はRs1,735 (2,700円)
Alchemy

正直なところこちらのお店、価格帯は少し高め。でもつい最近登場した救世主。

"zomato gold"は去年まで"1+1 Food"か"2+2 Drink"のサービスのみで、
かつ2名以上の来訪じゃないと発動できませんでした。

でも今はzomatoアプリから支払うと、15%もしくは20%引きのgoldサービス新登場!!
しかも1名の訪問でも発動できて、1人飲みにばっちし。

DineOutみたいにアプリにチャージ式じゃなくて、
シンプルにzomatoアプリからクレジット決済すればOKで使いやすい。

こちらではお会計15%OFFになってRs1,474(2,300円)、大きいRs260(400円)引き。





1人飲み3軒に共通するのが、ビール。そして外飲み。
いい気候のバンガロール

いい気候をビールと共に楽しむ。それこそBagalore Beer Lifeの醍醐味。


1人ビアライフそれなりに楽しんで。それで日々の生活、乗り越えられるもんです。
自宅アパート





オマケ: 今までちょいちょいご報告してたアパートにゃんこGive Away
消えたにゃんこ達(泣)

。。。が、数か月前から急ににゃんこ達が激減。
名前つけてた馴染みの子達も、いつもの場所からいつの間にか消えていて(泣)

インド人の方でもGive Awayしてる方見かけたし、疎まれてる感じもなかったけど…。

鋭い目つきのはじめてみるにゃんこ。君の友達はみんなどこいったの。。。?
  にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
↑ 旦那さまいないし、にゃんこまでもいない。。。
  でもインドでは珍しい日本人女子1人飲み、店員さんにモテモテです(笑)
スポンサーサイト



テーマ : ビール ジャンル : グルメ

タグ : バンガロール ビール グルメ

18:40  |  番外編  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2020.02.14 (Fri)

Spice Terrace

思い出しビール、かな~~~り遡ってクリスマスの贅沢クラフト。
JW Marriottのクリスマスツリー

クリスマスは"Shangri-La Hotel"で十二分に贅沢したんですが。。。


お高いんだろうなぁと敬遠していた、会社すぐの"JW Marriott"のクラフト屋さん。
zomato情報でもクラフト価格とか載ってなくて、行きづらかったんですよね。
緑の入口



何かの機会がないと行けなさそうだったし、"クリスマス贅沢"の名目の元初訪問。
入口




店名の通り、テラス。真ん中にプールがあってそれを囲むようにお店があります。
プールサイドにマハラジャシートみたいのもあったけど、要席料だったのでパス。
プールサイド

緑が多くて、プールがあって、まさにリゾート的。

クリスマス時期は少し肌寒かったけれど、今や昼間は30度超えることあります。

ちなみに2月頃から、バンガロールは一応夏の季節にあたるらしいです。
でも夏とは言え気温上がっても、昼間30度ちょい程度。
オープンエアの店内

冬も寒くなく、夏も暑すぎず、安定の軽井沢的気候の高原バンガロール。


レシート紛失しちゃって、メニューやお値段情報は曖昧ですがご容赦下さい。




一応Microbreweryジャンルにいながら、クラフト情報がどこにも全くなくって。
聞いてみるとメニューもないけど、その日は3種類用意しているとのこと。

ただ、店員さんもあまり"クラフトビール"に慣れていない感じ。。。
他のMicrobreweryなら、どこも店員さんのクラフト知識量すごいんだけどなぁ。

一応Lagerでたのんで出てきました。
クラフト(ラガー)

ラガーと言うよりも白ビール系、すっきり系のヴァイツェン系かなぁ。
フルーティな感じでなくて、キリッとした苦みもある白系では好みのタイプ。

でも…やっぱりホテル価格だった!! Rs500(800円弱)くらいしちゃってました。

他でRs500スタンダードと言えば、空港クラフトの"Windmills"くらいです。
基本街中のクラフト屋さんはPint(500ml)で、Rs250~Rs350の価格帯ですもん。





バーメニューの中で見つけました、三枚肉ポーク!!
三枚肉ポーク

分厚い豚肉、角煮仕様。ちょっとオイル多めのソースが絡んでるのはインド仕様。

ソースは中華系の味に、インドの辛みが合わさったような感じで甘辛濃いめ。

一枚が分厚くて大き目の豚肉さん、ソースに負けずしっかり美味しい存在感。
肉質もパサつかず柔らか。三枚肉の脂身部分の旨みと甘みがたまりません~。
三枚肉ポーク

インドあるある、お肉の脂よりソースの油の方がよっぽど重くてしつこい。。。
でもこちらのは多少オイル多めとは言え、上品めの甘辛で豚肉といいコラボ。

このお肉の柔らかさは煮込みなんだろうな。インドポークかしら?

前にローカル店でインドポーク調達して、家で角煮作ったら美味しく出来たし。
実は優秀かもしれない、食べられないんじゃなかったのかインドポーク。





続いては贅沢にロブスター!!! いつも食べてる海老ちゃんじゃないよ。
Rs1,000(1,500円)ほどしました。でもロブスター丸々一尾ならむしろお安いやも?
ロブスター

頭付きの立派なロブスター。可食部の身の部分も結構量があります。

ソースはとろみがある広東風醤油味の餡かけ、本格タイプの中華味です。
欲を言えば以前"China Bistro"で食したあっさり系のが好みですが、こちらも美味しい。
ロブスター

衣で揚げてからの餡かけ、でも衣も厚すぎないのでロブスターを邪魔してません。


海老ちゃんならぬロブちゃん、大きめのポーションで身はぷりぷりむっちり。
ロブスター

海鮮の風味がふわっと広がって美味しい~。この風味は普通の海老とやっぱり違う。
身の質感も海鮮の風味も蟹に通ずる感じあるような。ある種の仲間?大きな甲殻類。


どこ出身のロブちゃんか知りませんが、日本ならば5千円とかいっちゃいそうです。
ロブスター





もう1杯クラフト。エールをお願いしたつもりでしたが。。。エール???
クラフト(種類不明)

まずはじめにどう考えても先のLager(?)と同じのが出てきたから、却下。
再度出てきたのも、確かにお味は違うけど(似てたけど)エールじゃないよね…。

かと言って注いでくれたビールをまた却下するのも嫌だったので、頂きました。

いや、ビール自体はちゃんとクラフトクオリティですし美味しんですけどね。
Tripel的な度数強めの白ビールと言う印象、でも結局何ビールだったのかしら。





ご飯のメニューも軒並みホテル価格だったので、メインから1品選んでラストに。
SHATI GOSHT BIRIYANI Rs975 (1,500円)
SHATI GOSHT BIRIYANI

南インド定番食。ビリヤニがメニューにないお店なんてほどんと見かけません。
色んなお店で食せるビリヤニの高級版を頂く、それはそれでいい食体験。

ちなみに普段のクラフト屋さんのようなお店なら大体Rs400(600円)くらい、
ローカル店ならばRs100(150円)くらいでも頂けちゃうビリヤニ。

もちろんベジや肉の種類でお値段変わります。わたし達はいつもマトン(羊肉)!!


高級店ですから。壺に入ったビリヤニは店員さんがサーブしてくれます。
SHATI GOSHT BIRIYANI

いや、高級店じゃなくともほどほどのお店ならサーブしてくれるとこ多いです。


ビリヤニには必ずついてくるライタ。
ライタとスープ(?)



これも定番の付け合わせ、生野菜。
付け合わせの野菜

タンドリー料理などでも、この生野菜組み合わせくっついてくること多いです。

余談ですが、前にどこかのお店で"Green Salad"をたのんだところ。。。
出てきたのがこちら。グリーンサラダってか付け合わせサラダじゃない!!?
お供え物(?)サラダ

盛り付け的に言えば、もはやお供えものに見えてくる。。。



話戻りまして、マトンビリヤニ。さすがの高級仕様、ものすごい上品です。
他で食べるのよりかなりあっさり。スパイスや辛みの刺激もとてもマイルドです。
SHATI GOSHT BIRIYANI

色んな香草やスパイスの実(?)みたいのも入っているけど、どれも主張が控えめ。
インド人の方なら少し物足りないと感じそうな気もしますが、日本人に合うかも。

あ、それにいつも悩ましいオイルも少なめ(^^♪
ビリヤニに混ざってるカレーペースト(?)みたいなのも、マイルドな優しいお味。

お米も長細くてパラりとしたインド米ですが、ふっくら感もあるような。
高級店の上品ビリヤニ、日本人の口に合う美味しいインド炊き込みご飯でした。




お値段にビビって、ビール2杯にセーブ。それでもお高め会計Rs3,848 (6,000円)
プールサイド

一応"DineOut"のオファー"10% Off Food & Soft Beverages"で約Rs200(300円)引き。
DineOutPayのアプリ支払いで、別途Rs200キャッシュバックもあったと思います。


お料理美味しいし雰囲気も良かったけど。。。お値段的に再訪はないかなぁ。

それにクラフトビール、もうちょっと頑張ってほしい!!!
お値段は置いといても、クラフトにあまり力入れてない??と言う印象だったので…。
あまりクラフトに力入れてない?

クラフト天国バンガロール、自分スタンダードが上がり過ぎたのかもですが。


でも周りのお客さんも、あまりクラフトお目当てに来てる感じじゃなかったですし。
セレブエリア

UB City隣の高級ホテル。
セレブエリアでちょっとたしなむくらいのクラフト。そういうスタンスなのかも。





オマケ:旦那さま不在により、時間があればひたすら絵を描いてる今日この頃。
インスタフォロワー200記念

インスタでインドオタクさんとコミュニケーション、結構な確率で日本語。
アニメで日本語覚えた話はよく聞きます。正に好きこそもののオタクパワー。
  にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
↑ 旦那さま不在のうえに、仕事忙しい。。。癒しが少ないインドライフ(泣)
 ビール飲みながらお絵かき、ここしばらくの一人身Bangalore Beer Lifeです。 

テーマ : ビール ジャンル : グルメ

タグ : バンガロール ビール グルメ

17:50  |  Around UB City  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2020.02.02 (Sun)

ARENA - Artisanal Brewkitchen

Indiranagarのわたくし的、定番クラフト屋さん。
外観

Indiranatarで言うと"Toit"の方が超有名大人気店ですが、
こちらは日本人に合うアジアン料理が多くて、zomato goldで1+1 Foodも使えます。

ちなみにインド人的いい時間帯の19時以降は要予約で、断られる率高いです。


特徴的と言うか、ランドマーク的なピラミッド型の建物。
外観

どうにかして全貌の写真を撮りたいものです。



いつも建物横の階段を上がって入るのですが、その日は裏手の隠し扉(?)から。
店内

ピラミッドの中は3階層建てになっていて、はじめて一番下の階に案内されました。

普段は上と下の階は貸し切り用で、真ん中の階が普通のお客さん用みたいですが
その日は真ん中の階で100人以上の大規模パーティーが終わったばかりだったそう。


はじめての下の階、なかなか落ち着いてて居心地のいい空間。
店内

クリスマス的な飾りつけも。。。クリスマスとっくに終わってますが。



そしてクリスマスメニューも。。。もう年越しして2020年ですが。
クリスマスメニュー




近頃暑くなってきたバンガロール。昼間は日差しも強くて、30度近くになります。
夜になると一気に15度になったりするので、羽織ものとか寒暖差対策は必要。

そんな訳で昼間のIndiranagarお散歩して、喉乾いた~時にはやっぱりラガー!!
Brut Lager Pint Rs260 (400円)
Brut Lager Pint

ラガーと言ってもクラフトクオリティ。でもクラフトの中のぐびぐび系(^^♪
贅沢味のクラフトラガーがこのお値段で遠慮なく頂けちゃう、Bangalore Beer Life


もはやスルーしたい旦那さまのノンアル、Tonic Water Rs150 (230円)





"クリスマス"メニューからチョイス、名前が長いよ~。
フレンチでありそうな"何とかを添えて"とか"シェフのなんたら"とか、そんな感じ?
Roasted Turkey with traditional gravy and stuffing with all the festive trimmings Rs450 (690円)
Roasted Turkey with traditional gravy and stuffing with all the festive trimmings

盛り付けもフレンチっぽい(?)クリスマスっぽい(?)と言うか、お洒落仕様。

日本でも比較的珍しいと思いますが、インドでもTurkey(七面鳥)料理は珍しい。

欧米のクリスマスとかサンクスギビングのご馳走イメージで、
お腹にStuffing(詰め物)を入れた七面鳥グリルかなぁと思っていたけど。。。

ハムと言った方が近いかも??
Roasted Turkey with traditional gravy and stuffing with all the festive trimmings

もちろん七面鳥が丸々出てくるとは思ってなかったけど、ターキーハム?

分厚く切られたハム仕様の七面鳥。想像と違うけどとっても美味しいハム。

やっぱり豚とかの質と違う、しっとりと柔らか。淡泊だけど繊細な肉質です。
同じ鶏さんでも、チキンとも旨みの質が全然違います。
Roasted Turkey with traditional gravy and stuffing with all the festive trimmings

ハムに少し違和感を感じちゃったけど、ちゃんと七面鳥料理。とても上品で絶品!

後で気づきましたが、ハムの下に添えられてた湿ったパンのような付け合わせ。
そうだ、これこそがサンクスギビングの七面鳥に入れる詰め物の中身だ!!

Stuffingが別に出てくる、詰めてない詰め物付きのTurkey Feastでした(笑)





American IPA Pint Rs290 (440円)
American IPA Pint

ラガーをぐびっと飲み干したら、次は迷いなしの大好きIPA(Indian Pale Ale)
こちらのは多少軽めのIPAですが、苦みの質がラガーと違います。苦いが美味しい。





行く前から決めてたお目当ての料理もあったのだけど、軒並み売り切れ。
どうやら先に終わったパーティー団体に、結構なお料理を食い尽くされた模様…。

店員さんに、なんで売り切れメニューばかり選ぶんだよ~と困った顔される(^_^;)

でもこちらはあった、定番オーダーの餃子。
Japanese Pan-Fried Pork Gyoza Rs450 (690円)
Japanese Pan-Fried Pork Gyoza

日本的焼き餃子ですが、"Dim Sum"ジャンルだからなのか蒸籠で登場。

こんがり焼き目の餃子、それがインドではとても貴重。
基本蒸しか揚げか、それか何故だかソースに絡めて炒めるになっちゃうんだもん。
Japanese Pan-Fried Pork Gyoza

シンプルな焼き餃子が美味しいんだよ~。しかも豚肉。

豚の脂のジューシーさを感じると、やっぱり餃子は豚肉に限る!と実感します。

鶏肉餃子(というかモモ)はメジャーですが、脂の旨みとコクが違います~。
肉汁をビールで流すのが"びーぎょ"の醍醐味、脂多めの肉汁がちょうどいい。
餃子断面

。。。あ、でもこの日の餃子は前より肉汁少な目だったかなぁ。

日本なら餃子に690円は高いと思うけど、ゾマゴ1+1 Food発動で無料です(^^♪





"BUILD YOUR GRILL"前からずっと気になってました。

ベジ・チキン・魚・マトン・豚・海老から素材チョイス(もちろん値段違います)
味付け(ソース)は5種類から選べます。

Grilled Prawns (ソース:Classic Herb Butter Garlic) Rs550 (840円)
Grilled Prawns (Classic Herb Butter Garlic)

これまた先のクリスマスメニューみたいに、綺麗な盛り付けで登場。

海老ちゃんはタイガープラウンだそうで、かなりのビッグサイズで立派です。
シンプルなグリルがいい。シンプルに素材を味わう、海老ちゃんを味わう(^^♪
Grilled Prawns (Classic Herb Butter Garlic)

ぷりっぷりの弾力に、むっちりと詰まった感じもする海老の身。
グリルされて身がぎゅっと縮んで、一緒に旨みも凝縮された感じです。

甘みも感じるような、海老と言う魚介の風味が強くて贅沢に美味しいです~。
Grilled Prawns (Classic Herb Butter Garlic)

これをインド料理あるあるソースこってりマリネしちゃったら、勿体なさ過ぎる!!
素材を味わうが基本の日本料理、日本人にはシンプルグリルがベストです。





Praha Dark Lager (Sampler) Rs50 (80円)
Praha Dark Lager (Sampler)

食後の珈琲的に、サンプラーサイズの小さな黒ビールを頂いてご馳走様。
小さなグラスの黒はもはやエスプレッソみたい。エスプレッソ同じく贅沢な風味。

"Toit"にはしご酒する算段でしたので、ご馳走様ではないんですが(^^♪


ゾマゴ降臨で餃子が無料。ビール2杯+サンプラー1杯でお会計Rs1,965 (3,000円)
結構贅沢系のお料理を頂いた感じでしたが、このお値段はリーズナブル。
バーカウンター



これならはしご酒の負担も軽いよね~と、うきうき2軒目へ向かったのでした。
Toit





オマケ: 女子トイレでナンパ
ナンパされて自撮り

日本人大好きなの!!!と、店員さん女子に突撃され一緒に自撮り。
もはや自撮りはどこでもたのまれ慣れ過ぎて、カメラ目線もプロになってきた。

日本人好きインド人の方多いです。
ありたがく、嬉しいことですが…自身は日本人嫌い(苦手)の日本人です(^_^;)
  にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
↑ 旦那さま3月末まで不在(泣)しばらく思い出し+1人呑みアップデートになります。

テーマ : ビール ジャンル : グルメ

タグ : バンガロール ビール グルメ

19:10  |  Indiranagar  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2020.01.29 (Wed)

Hangover Brewery

久しぶりのKoramangala。

クラフト屋さんもたくさんあるし、MG Roadに負けてないくらいの繁華街ですが
ちょっと遠い(Uberで1時間)のと、ちょっと人が多いなぁ…でご無沙汰してました。

今回はzomato情報で見つけてきたクラフト屋さん。
外観

行った・行ってないは別としても、バンガロールクラフト屋さん情報は
ほぼほぼ網羅してるつもりでしたが、こんなところあったけか…と見つけて。


聞いてみると、3か月前にできたばかりだそうで知らなかったのもなるほど。
店内

zomatoで見つけてきながら、今回行使するのは"DineOut"のオファー。

"DineOut"のオファーは会員制の"Gourmet Passport"に加入しなくても
誰でも無料使えるので要チェック。ただ事前予約は必要だったと思います。

事前予約と言っても、訪問の1時間前くらいにDineOutアプリから取ればOK。

今回のオファーはFood & Soft Beverageのお会計25%OFF!! 太っ腹!!




新しいお店だからなのか、マネージャーさんにまず名刺付きでご挨拶される。
飲食店の競争激しいKoramangala、顧客の獲得頑張ってるんだろうなぁ。

そしてさらには、その日のクラフト全種サンプラーサービス!!
クラフトサンプラーサービス

数にして、7杯!! いいんですか!!??
未だノンアルなうの旦那さま(泣)なので、1人で全部引き受けます~~!!

でもサービスで贅沢言っちゃいけないけど、全部白ビール系。。。
クラフトサンプラーサービス

その日提供しているのは全部WHEAT、WEIZEN系でエールとかはないそうで…。

エールや黒の苦み濃厚系が大好きなので、ちょっと残念。。。

提供している日もあるそうですが、日によって変わる醸造ですから仕方ない。
でも逆に言えば、よく白ビール系だけで7種類も揃えたなぁ…とびっくりです。
クラフトメニュー



こちらもありますよ~と、先の7種に加えて頂いたこのサンプラーが衝撃!!
「BUTTERBEER」
BUTTERBEER

名前の通りハリーポッターの"バタービール"から連想して作られたビール。

アルコール分ありのリアルビールですが、でももはやビールじゃない!!!

水分と言うか結晶化していて、お味は飴のバタースコッチみたいな感じ!!
かなりの濃厚な甘味で、デザートワインも真っ青なくらいのデザート仕様。
SPECIAL BREW

正直好みのビールではないですが、ビールを超えた未知との遭遇でした(笑)





Pork Bacon Blanket Prawns Rs395 (600円)
Pork Bacon Blanket Prawns

前菜から、贅沢な組み合わせの海老ちゃん×豚ベーコン。
贅沢と思うんですが、結構色んなお店でお見かけするベーコン巻き海老ちゃん。

こちらのお店は他で見るのより、かなりのビッグサイズ。
Pork Bacon Blanket Prawns


まずエビちゃん自体が大き目。
Pork Bacon Blanket Prawns

更にチーズも入れて、ベーコンはなんとぐるぐるの3重巻きくらいになってます!!

豚肉が珍しいインド。ベーコンも既製品ではなくて確実に自家製のもの。
かなり肉厚なベーコンで、燻しの香りも強めで、ベーコンだけでも美味しい~。
Pork Bacon Blanket Prawns

ベーコンのお肉としての主張も強めですが、海老ちゃんぷりぷりも負けてない。

一つの塊が大きくてボリューミーで、贅沢組み合わせの中での贅沢なやつ!!
海老ちゃんとベーコンの質を考えたら、日本だと2つでも500円じゃ足りないかも。





Smoked Chicken Spinach Dim Sum Rs295 (450円)
Smoked Chicken Spinach Dim Sum

zomatoの料理写真で、焼き餃子っぽいのがある!!とチェックしていました。

出てきてちょっとびっくり、一つの餃子がものすごい大きい。
日本の焼き餃子なら5つなんてビールとペロリですが、その比じゃない大きさ。
Smoked Chicken Spinach Dim Sum

しかも皮が厚めで。。。餃子と言うか、インドのモモ(momo)ですね。
いや、インドで食べる餃子なんだからモモの方が正しいんだろうけど。

期待してたのは、"Arena"とか"BROADWAY"の日本的焼き餃子だったからなぁ。

中の餡もジューシー肉汁と言うよりか、肉団子(^_^;) やっぱりモモだ。
餃子(モモ)断面

全部食べたらお腹いっぱいになっちゃいそうだったので、take away。
家でスープ餃子にアレンジしてして頂きました、美味しかったです~。





ビールサンプラーサービス7杯。さすがに無料ビールだけでは申し訳ないので…
Terminator Strong Wheat Rs275 (420円)
Terminator Strong Wheat

すみません、正直白ビール三昧サンプラーどれがどれだか分かんなくなってた…。
Strongの通りアルコール6%の強めWHEAT。その分多少濃厚で美味しかったです。





Mutton Ghee Roast Rs495 (750円)
Mutton Ghee Roast

ザ・インド料理!! ギーロースト。"ギー"って今日本で話題なんですよね??
ヘルシー??と言う話を聞きましたが。。。ヘルシーなのか???

インド人の方も身体によくないと言っていたような…で、気づきました。
インド人は取り過ぎが問題(^_^;) ヘルシーだとしても、あくまでオイルですから。

適量は身体にいいとしても、インド人のオイル摂取量は半端ないですからね。


話ずれましたが、ギーは乳から作った脂なので
どこか牛乳っぽいようなまろやかな風味がするような気がします。
Mutton Ghee Roast

ギーをまとった羊肉。ローストと言うより煮込みのような感じでほろりと柔らか。

羊肉としての主張はギーとスパイスに負けてますが、柔らかなお肉が美味しい。

やっぱりこれはロースト(焼き)だけじゃ無理なんじゃないかな??
柔らかなまるでシチューのような質は、それなりに煮込まないと出来ないと思う。
Mutton Ghee Roast

お肉は美味しいけど、ちょっとギーの脂は重い気がする日本人でした。




お料理はボリューミー、そしてインド色が強めかなぁと言う印象です。
Dim Sumとか中華を再現しているお店も多い中、あくまでインド仕様と言うか。

サラダもなかったので、欲を言えばもうちょっとさっぱり料理が欲しいかなぁ…。
店内

"Dine Out"オファー行使で、Food & Soft Beverage 25%OFF!!
Rs400 (610円)引きになって、お会計Rs,1690 (2,560円) 2人で千ベロレベル!

それにクラフトたのんだのも1杯だけ。なんせ7杯のサンプラー無料でしたから。
オファーの割引に、サービスに、ありがとうございました!! ご馳走様です~。
 

エールや黒ビールも飲んでみたかったなぁ。。。
店内





バンガロールの中でも、恐らく一番のクラフト充実地域のKoramangala。

初めからはしご酒の心づもりでしたが、"XOOX BREWMILL"で満席と断られ。。。
XOOX BREWMILL


"Biergarten"でも断られ。。。
Biergarten


週末のKoramangalaは、ドレスアップしたお洒落インド人でどこも大混雑!!
インド人でにぎわい

新しいお店もまだまだ需要ありそうです~。





オマケ: Koramangalaでのはしご酒に振られ、2軒目はいつもの「BROADWAY」へ。
BROADWAY

そこで、ショッキングな出来事が。。。
まだ敢えてお店の記事ではなく、オマケとしてレポートさせて頂きます。


TEKKA MAKI Rs420 (640円)
TEKKA MAKI

旦那さま個別リクエストで、トッピングのスパイシーマヨ抜き。
それはいいのですが。。。お米の質がいつもと違う??

前までは日本食を知っている人が作ってるような、お酢加減と巻き加減でしたが
今回は酸味が強すぎ。。。更にお米をぎゅっと巻きすぎてふっくら感がない。。。
TEKKA MAKI

まるで残念な「YOU MEE」のロール寿司に近いかのような…(泣)



BUTANIKU EBI GYOZA Rs400 (610円)
BUTANIKU EBI GYOZA

いつもたのむ焼き餃子も、皮が厚めで肉汁感も少ないような。。。
(もしかしたらはじめの鉄火巻きで疑心暗鬼になってたのかもしれませんが…)



Seabass(Suzuki) Sashimi Rs380 (580円)
Seabass(Suzuki) Sashimi

こちらはいつもと、身がぴちぴちっと新鮮で相変わらず美味しかった(^^♪



最後の衝撃が。。。Salmon Sashimi Rs580 (890円)
Salmon Sashimi

前までは厚切りで7切れもあったサーモン刺身が、なんとたったの4切れに!!!???
これじゃ、日本食料理屋さんの"Harima"とか"Matsuri"よりコスパ悪い!!??

結局帰宅してから、サーモンはお会計に入ってないことに気づいたのですが
ただのミスで入ってなかったのか、さすがにこれでRs580取れないとの判断か…。

お店の方にManagerかChefが変わったか聞いてみましたが、変更なしとのこと。

刺身(生魚)好きのわたしのオアシス「BROADWAY
次回の訪問で判断したいですが、それなりにお値段するので行くのが怖いです(泣)
  にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
↑ インド人口のお腹を満たすには、飲食店進出の余地がいっぱいありそう。
  是非とも安くて美味しい日本食(刺身系求む~)が進出してほしい!

テーマ : ビール ジャンル : グルメ

タグ : バンガロール ビール グルメ

00:10  |  Koramangala  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2020.01.24 (Fri)

The Druid Garden

日本人駐在員さんの中で結構知られているらしい(?)クラフト屋さん。
外観

当ブログ開始前、去年のはじめ頃に一度訪問したことがありましたが
お値段高めと言う記憶だったのかなぁ。。。その後再訪していませんでした。

さすがに1年前の記憶なので、新規開拓気分での再訪。


でも覚えていたのが、入口が分かりくい。
今になってはインドあるあるですが、ビルの裏手にあるエレベータでお店へ。
裏口のエレベーター

初訪問したときは守衛さんに入口を聞いたのを思い出しました。
初めて来てすんなり行けた人、インド人でもなかなかいないんじゃなかろうか…。



少し早めの時間に訪問したので、緑と自然光が綺麗です。
店内

天井のガラス窓はなんと開閉式でした。急な雨には便利ね。




クラフトラインナップ。
クラフトラインナップ

大好きな"IPA"、"Raushbier(ラオホ)"、"Stout"と濃いめのが揃ってて嬉しい。
白ビールやラガーには目をくれず、この3種で決まり!!です(^^♪




IPA (Indian Pale Ale) 500ml Rs300 (460円)
IPA 500ml

やっぱり美味しいです~~~、苦みしっかりのIPA!!
濃厚過ぎず、重たすぎず、苦みとのバランスもいい優等生タイプのIPA。

なかなかビール復帰しない(泣)旦那さまのノンアル、Tonic Water Rs150 (230円)





タンドリー料理の提供は18時以降、少し待てば出てくる時間帯でした。
腹減り旦那さまのつまみに、ナン。ナンももちろんタンドリー料理のひとつ。
Mughlai Nann Rs195 (300円)
Mughlai Nann

ただのナンではなくて。。。


中に茹で玉子のチャンク(白身が多いのかな??)が挟まっています。
Mughlai Nann

日本ではアレンジしても、バターナンやガーリックナンしか知りませんでしたが
インドではナンに色んな具材を挟んだり色んなバラエティがあって美味しく楽しい。

でもアレンジでなくとも、ナンの生地自体もっちり香ばしくて美味しかったです。





マトンのシシケバブはどこでも見かけますが、珍しい豚肉バージョン。
Pork Sheek Kebab Rs425 (650円)
Pork Sheek Kebab

果たして豚肉は。。。と食してみましたが、マトンとの違いはどこ???(^_^;)
インドスパイスががっつりきいてて、肉は肉ですがあまり肉の違いが分からない…。

そういう意味でマトンでも、羊肉のクセのようなものは全然感じないんですけどね。

荒ミンチのひき肉はジューシーで脂の旨みもあって、美味しいです~。
Pork Sheek Kebab

いつも思うのがシシケバブはインド版のソーセージ、もしくはハンバーグ。
荒いミンチが手作り感もあって肉々しさも感じる、美味しいインドソーセージ。

そう言えばいつも"肉!!"しか感じないけど、つなぎみたいなのはないのかしら?





立派なシシケバブに合わせて、負けない主張の燻製(ラオホ)ビール。
Raushbier 300ml Rs200 (310円)
Raushbier 300ml

あれば必ずたのむ、大好きなラオホビール。
日本では珍しいし、こちらクラフト天国バンガロールでも必ずしも置いてない。

必ずおいてるのは"BYG Brewski Brewing Company"、大好きなクラフト屋さん。

ビールと燻しの香りのコラボが絶品。
同じラオホでも軽め、濃いめ等ありますが、好みはこちらみたいな濃厚黒の燻し。





Fettuccine ai Frutti di Mare Rs595 (910円)
Fettuccine ai Frutti di Mare

旦那さま共、結構ハマっているインドバージョンのゆるゆる麺パスタ。
でもパスタと言うか、ソースや具材もたっぷりで、それも麺以上の主役レベル。

トマトソースも多分どこでもフレッシュなトマトを使ってると思う。
トマト缶なんて絶対使っていないと分かる、フレッシュなトマトの酸味と甘み。
Fettuccine ai Frutti di Mare

魚介パスタ。具材は惜しみなく海老ちゃんたっぷり、チビイカちゃんたっぷり。
もはや海老とイカのトマトソース、だけでも楽しめちゃう。

平打ちのフェットチーネも美味しいですけどね、相変わらずのゆるゆる麺ですが。





今回の主役と言うか、目玉食はこれだと思う!!
Bone Marrow Rs395 (600円)
Bone Marrow

真ん中にそびえ立つのは。。。牛の骨!! つまり牛の脊髄を食すお料理!!

日本や欧米などでは過去のBSEの問題で、今や食用禁止。
もはや食せる国は相当限られてるんじゃなかろうか、貴重な貴重な脊髄料理!

ちなみにBSEが問題になった時点で、自分はもう手遅れと言う認識(^_^;)
潜伏期間考えたら、なるならもうなってるだろう。それより食の興味の方が勝つ!

骨が縦に切られていて、食すのはその中に隠れている脊髄。
Bone Marrow


フォークを入れてみると、ぷるんとして分離!!
脊髄って質としてはコラーゲンとか脂質なんですよね、その通りの質感。
Bone Marrow

自分の食歴史を遡っても、初実食。
食してみると。。。脂身よりもぷるぷるっとしていて食べやすい。

でも口の中でそのぷるぷる質を噛むと、しっかりと感じられる脂のお味。
クセのようなものはなくて、むしろ肉っぽいクセがない脂とでもいう感じか。

脂がキツイお年頃ですが、思ったより抵抗なく頂けちゃいます~。

ただ、少し冷めてくるとぷるぷるが固くなって、脂の主張が強くなったかな。
Bone Marrow

牛さんが神様の国で出会った、まさかの牛の脊髄料理。
神様パワー頂けちゃったかも!? (罰当たり(^_^;)





Stout 300ml Rs200 (310円)
Stout 300ml

脊髄の脂に負けない濃厚黒ビール。
ちょっと口の中が脂モードになったところに、黒を投入すると最強に合う!





お腹いっぱいになってきたけど、持ち帰り前提で〆の炒飯。
Roasted Pork & Shrimp Fried Rice Rs495 (760円)
Roasted Pork & Shrimp Fried Rice

久しぶりに出会ったかも、どこか日本の中華料理屋さん的な炒飯。
中華と言っても、ラーメンとか色々出してるような街の中華屋さん的なお店の。

パラパラ炒飯作るのに相性がいいインド米ですが、こちらはむしろしっとりめ。
味付けも醤油系で、なんだか懐かしいお味がします。
Roasted Pork & Shrimp Fried Rice

ラードは使ってないだろうけど、豚肉の脂がいいアクセントになってます。
味も少し濃いめなので、〆ご飯だけどビールのつまみにもちょうどいい。

インド仕様で山盛りご飯。2/3程持ち帰って、翌日の翌日の家ご飯になりました。




お腹いっぱい大満足、ビール500ml×1杯、300ml×3杯でお会計Rs3,531 (5,400円)

"DineOut"のオファー、食事とノンアルドリンク10%OFFでRs225 (350円)引き。
DineOutアプリから支払ったので、Rs200くらいのキャッシュバックもあったはず。
お店入口

それでも、やっぱりちょっとお高めかなぁ。。。
Dim Sum(飲茶)もありましたが、コスパ的に控えました。Dim Sumならば"BYG"に行く。

でも雰囲気もいいし、美味しかったし、日本人に知られているのも納得です。






オマケ: 自宅アパートのシャワーヘッドが爆発しました。。。
シャワーヘッド爆発

住み始めたときから調子が悪いというか、水圧が痛いくらい強すぎて。。。

インドではこういうものなのかなぁと思うしかなくて、
薄い手ぬぐいを巻きつけて水圧落としてどうにか使ってたんですよね。

しかし、今回急に爆発音!!がしたあげく
シャワーヘッドの後ろから水が放出されて、まともにシャワーが浴びれない状況に!!

バンガロールの住宅事情。
家具付きの貸しアパートでも、設備等々壊れたら大家ではなく住人の完全負担。

でも会社の借りアパートだし、そもそも入居前の確認すらさせてもらえなかった。

修理代をバトりにバトって、どうにか大家さんに出してもらえることとなりました~。
(相当会社で揉めましたが。。。)

そして修理後のシャワーヘッド。
修理後

使ってみてびっくり!! 水圧普通!! 全然使いやすい!!
そうか、はじめのは"インドはそういうもの"ではなくて元々壊れてたのね…(^_^;)

バンガロール生活2年目にして、随分快適になったシャワーライフです。
  にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
↑ インドで牛の脊髄。普通のインド料理以上に、食経験値が上がった気分です(笑)
  なんでも興味津々のグルメライフにぽちっと、応援よろしくお願いします!!

テーマ : ビール ジャンル : グルメ

タグ : バンガロール ビール グルメ

00:25  |  Sahakara Nagar  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT